運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントへの取り組みについて

平成 30 年 4 月 1 日
有限会社宮北バス

  1. 輸送の安全確保は事業経営の根幹であり、社の使命であることを全社員が一丸となって認識するともに、関係法令ならびに規則を遵守し、業務遂行にあたります。
  2. 輸送の安全に関する PDCA「Plan( 計画 )」「Do( 実行 )」「Check( 点検 )」「Act( 改善 )」サイクルを確実に実施す るとともに安全対策を不断に見直しさらなる安全性の向上に努めます。
  3. 安全と安心をご提供することで、お客様より信頼を頂けるように、笑顔をお届けできるよう努めてまいります。

輸送の安全に関する基本的な方針

当社では最大責務である「輸送の安全最優先の確保」に関する基本方針として「安全方針」を定めその実践により全社員が一丸となって安全・快適な輸送サービスの提供に努めています。また、輸送の安全に関する情報については積極的に公表します。

輸送の安全に関する目標達成のための重点的な施策

  • 社内団結して輸送の安全を全てにおいて最優先に行動します。
  • 常に輸送の安全の確保に対する、問題等の意識を待ち継続的に見直し、改善します。
  • 法令、規則を遵守し厳正かつ忠実に職務を遂行します。
  • 事故、災害が発生した場合、人命の救護を第一に行動し、速やかに適切な措置を講じなければならない。
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し社内において必要な情報を伝達、共有します。

平成30年度安全目標

  1. 安全最優先
    (お客様の安全第一行動)
  2. お客様に対し出発前、運転士の挨拶とシートベルト着用案内の徹底
  3. 安全側道の重視、心にもブレーキを
    (出すなスピード)
  4. 自分の「焦り」「科立ち」「急ぎ」の傾向を把握し急がずゆとりのある運転を
  5. 高齢者・子どもと自転車に十分注意を払う
  6. 人身事故・物損事故ゼロ
    (交差点での一時停止・左右確認の徹底)

有限会社 宮北バス
代表取締役社長 白幡岩夫

重大事故に関する統計

平成30年度目標 平成29年度状況
重大事故 0 件 0 件
車内事故 0 件 0 件
有責事故 0 件 0 件
軽微な物損事故 0 件 0 件
飲酒酒気帯び 0 件 0 件

輸送の安全に関する計画

  • 事故防止運動。春の全国安全運動、秋の全国安全運動、年末年始の安全総点検を実施します。
  • 教育体制、年間教育計画及び月間指導項目に基づき毎月他社 ( 自動車学校 ) にお願いし、毎月計画的に交通安全教育を宮城県バス協会自動車事故対策機構が主催、実施する実技、講習等に計画的に受講します。
  • ヒヤリハット情報を収集し、運転手の安全教育に活用し事故回避を図ります。
  • 適性診断結果に基づく指導を的確に行います。
  • 定期点検整備と日常点検を確実に実施します。
  • デジタコによる運転の評価での教育指導を行います。

内部監査
(輸送の安全に関する内部監査)

安全管理規定に基づき、平成30年4月に内部監査を実査、監査内容につきましては、「輸送安全マネージメント」を基本とした管理体制が行われているかなど、監査致しました結果、概ね良好である事を確認しました。

安全統括管理者 代表取締役 白幡 岩夫

防災訓練について

気仙沼消防署のご協力のもと、エンジントラブルなどでの発火を想定した防災訓練を行いました。
宮北バス社員一同、今回の防災訓練で得た経験を活かし、どんなときも安全にバスを運行し、お客様に安心してご利用頂けるよう日々努力してまいります。

気仙沼消防署のご協力をいただいて訓練を実施いたしました。
まずは車両前方からの出火を想定した訓練です。
後ろの出口から避難します。
乗客を無事避難させたあとに消防へ通報します。
消防車が出動してきました。
消火体制に入ります。実際の放水はありませんでしたが本番さながらです。
次は車両後方からの出火を想定した訓練です。
乗車口から外へ避難します。
消火器を使って消火を行いました。
ここでは実際の放水も行われました。
大がかりな訓練ということで地元のテレビ局の取材もありました。
これに併せて、冬場の安全対策としてチェーン取り付けの訓練も行いました。

運転手の教育指導

千厩自動車学校にて、バスの構造・法規制・お客様への接客対応など、バス運行に関わる教育指導を受けております。